転職での自己PR、職務経歴書の書き方

転職準備

転職での自己PR、職務経歴書の書き方

自己PRを転職に生かそうとする時は、今までで得た経験や実績、資格などについて自己PRを意識しながら書き込んでいくという人が多いようです。

転職活動を成功させるためにこれまでの会社で得た技術や経験について文章化して自己PRする場合もあります。

これまでの経験や技術を自己PR文に入れるだけでなく、その経験や技術は新しい職場でも使えることを示すと会社側への意思表示になります。

新しい職場ではどういったことに打ち込みたいか、やりたいことは何かといったことを折りこみ、自分のセールスマンとなって自己PRをしましょう。

転職と新卒では、チェックポイントも違いがあります。新しい仕事についたら、かつての仕事で得たスキルや経験をどう活用できるかという点に焦点を当てて自己PRを考えるという手法もあります。

自己PRでは、会社に売り込みをかけなければと自身のいいことばかりをピックアップして書き連ねていくことは、逆効果になることもあります。

短所を冷静に分析し、将来展望に生かすことも自己PRの方法としては有効です。簡潔にまとめて相手に伝わるように書くようにしたいものです。

しっかり内容を絞り込み要点をまとめ、応募動機などを自己PRとして記入してみることも大切です。

転職だからといって事細かく書く必要はないでしょう。読み手が理解しやすい自己PRを書き、自分のできることや意欲の程をストレートに相手に伝えることが、転職での自己PRのコツです。

タイトルとURLをコピーしました