転職で職務経歴書の書き方がわからない方へ

転職準備

転職で職務経歴書の書き方がわからない方へ

職務経歴書の書き方は様々で、就職活動時にこれでなければというものはありません。

ネットの就職支援サイトやノウハウ本に書かれている内容も、様々なものがあります。ネットや書籍で実例を幾つかチェックして、自分にとって書きやすいものや就職活動時に役立ちそうなものを選択しましょう。

これがいいと感じた職務経歴書があれば、それをベースにして自分のものを作成します。書類審査にはたくさんの応募があることを考えれば、担当者が職務経歴書を見る時間は十数秒程度です。

採用担当の人の立場に立って、読みやすいと思ってもらえるような職務経歴書を書きましょう。高評価をもらうためには、内容だけでなく、読みやすくわかりやすい職務経歴書にする工夫が必要です。

短時間でこちらのことを知ってもらい、かついいイメージを抱いてもらうために職務経歴書一枚でも、担当者の気持ちになってどんなことを、どんな風に書くか考えることが大事です。

できるだけ情報を詰めこみたくなるという人もいますが、延々と文章ばかり続けていては読みづらいですから、明瞭簡潔をまず意識しましょう。

かといって、基本情報が足りなければ相手に話しが通じませんので、最低でも元の会社の情報は書き漏らさないようにしましょう。

上場企業なら書かなくても話が通じるかもしれませんが、中小企業の場合は企業名だけではわかりません。

読み手が理解しやすいように注意をしつつも、自己の過去の成果を披瀝するような形にはならずに平易な言葉でわかりやすくまとめることです。

就職活動では、企業がどんなスキルや実績を持っている人を採用したいと考えているかを読み取り、職務経歴書にそれを反映させ、面接へと繋げることが成功への糸口になると言われています。

タイトルとURLをコピーしました