コンサルタントへの転職の採用面接

転職活動と面接・質問

面接をクリアしなければ、コンサルタントへは転職できません。コンサルタント会社が行う採用面接は、突っ込んだことを色々と聞かれるようです。

今までの仕事で何をやってきたかはもちろん聞かれますが、それ以上になぜということを聞かれます。例えば、どうしてそれを実行したのか、異なる方法の候補はなかったのか、その結論に至った根拠についてなどです。

中途半端な答え方をするとどんどん質問を重ねられます。あらゆるなぜに答えられるように入念な面接の準備がコンサルタントへの転職には不可欠です。

今までの自分の実績や能力、やってきたことなどをまとめておいて、面接で聞かれても話せるようにておきます。コンサルタントという仕事に憧れる人は多いですが、収入が多いから、凄そうだからで希望するものでもありません。

コンサルタントに転職したからといってキャリアの悩みがすべて解決するわけではありません。人脈、知識、企画力、様々な能力がコンサルタントには求められ、仕事自体はコツコツと行わなければいけないものが大半です。

コンサルタントに転職を行ってからも、たゆまぬ研さんを積みながら仕事を続けることです。コンサルタントへの転職をめざすのであれば、コンサルタントという仕事そのものへの真剣な思いを面接でしっかりと伝えることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました